当社の製品は、一切着色はしていません。

すべて本来の木の色で表現しています。

仕上げは、有機栽培の亜麻仁油とオレンジオイルのミックスで、クリアです。

あるお客様から、ヒノキを赤く染めて作って欲しいという問い合わせを頂きました。

大変申し訳無いのですが、おことわりしました。

木に着色して作品にされる作家さんもたくさんいらっしゃいます。

日本の場合、ヒノキなど淡色の木が多いので、着色をして仕上げるほうが、主流なのかもしれません。木目を引き立たせるために、あえて色を付けるということもありえます。

しかし、私の場合、「木の本来の美しさ」にまさるものはないと思っています。

顔料や染料に頼るのではなく、自然のままの木の美しさを最大限に活かせる技術を、身につけたいと持っています。

木を殺すのではなく、木を生かしたいと思っています。

まだまだ未熟で、恥ずかしい限りですが、これからも着色をするつもりはありません。

赤でも、白でもピンクでも、当社の製品はすべて、自然のままの色だけで表現しています。