マイアミ・シャープのご使用の前に

未分類マイアミシリーズ,マイアミ・シャープ

マイアミ・シャープは特殊な部品構成ですのでご注意下さい。

替芯は、0・7ミリのものをご用意下さい。(0.5ミリは使えません)

マイアミシャープ分解図

替芯補充のとき

替芯を補充又は交換するときは、消しゴムのみを外して交換することができます。
消しゴムを取り付けている金具を外す必要はありませんのでご注意下さい。

消しゴム外し
消しゴムなし展開

分解が必要になったとき

基本的に分解できない仕様になっていますので、消しゴムの取り外し以上の分解はできるだけ避けて下さい。
芯などが詰まったときは、分解せずにペン先から細い針金などでつくと芯はもとに戻る場合が多いようです。

替芯が0.7ミリで、折れにくく詰まりにくいので芯を押すピアノ線も付属していません。それが、0.7ミリの利点であるとも言えます。

それでも、分解が必要になった場合は次の手順で分解できます。

分解手順

分解1

①ノック部のキャップのみを外します

分解2

②ペン先金具を反時計回りに回して外します。

③ペン先金具と中軸を持って強く引っ張ると、消しゴムと消しゴム取り付け金具が抜けてペン先金具と中軸が引き抜けるようになります。

分解3

④中軸の黒い部分を持って、ペン先金具を回すとペン先金具が取り外せるようになります

分解4

これで分解は完了です

再組み立て手順

基本的に分解と反対の手順で組み立てできます。

  1. ペン先金具に中軸を取り付けます。このとき、中軸の黒い部分を持ってペン先金具を時計回りに回してしっかりと取り付けて下さい。緩みがあると故障の原因になります。
  2. ペン先と中軸を木軸に差し込み、ペン先金具を時計回りに回してしっかりと取り付けます。
  3. 消しゴムと消しゴム取付金具を中軸に差し込みます。しっかりと奥まで差し込んで下さい。
  4. ノック部の金具を戻して完成です。

日本製のシャープペンとは少し使い勝手が違うのではじめは戸惑いますが、使い込んでみると癖になるくらい使いやすいと個人的には思っています。

かなり個性的と言えるペンではありますが、あえて世に問うてみたいと思います。

個人的に愛用しているペンなのです。

未分類,マイアミ・シャープ