シャープペンの販売準備

くまねこ工房日記くまねこシャープ,シャープペンシル,マイアミ・シャープ,

近日発売予定のシャープペンシル

マイアミ・シャープとくまねこシャープ

シャープペン

左の3本がくまねこシャープ。右側の3本がマイアミシャープです。

くまねこシャープは、木軸の太さが選べます。
左から本紫檀・極太(13.5ミリ)桑・太い(12.5ミリ)花梨・標準(11.5ミリ)となっています。替芯は一般的な0.5ミリ。
金具は、ゴールドのみとなります。全長が135ミリとやや短めなのでポケットに似合うタイプのシャープペンシルです。

右側のマイアミシャープは、金具の色がガンメタル、アルミシルバー、アルミ青銅色、ステンレス削り出しと選択肢は多いのですが、替芯は0.7ミリと特殊な仕様です。
海外では、太い替芯が一般的なようで、海外で販売されている金具で0.5ミリの替芯は見当たりません。

8月にキャンプファイヤー(クラウドファンディング)でテスト販売を行ってから、仕様変更などをへて、秋頃にサイトで販売開始したいと思っています。

くまねこシャープの特徴

くまねこシャープ・桑

デザイン的には、平凡で一般的なシャープペンシルです。
それだけに、太く作ることも細く作ることもできます。
また、比較的軽くできており、22グラムくらいなので木軸ペンとしては、かなり軽いほうだと言えます。

軸の太さの仕様としては、
細め(10.5ミリ)標準(11.5ミリ)太め(12.5ミリ)極太(13.5ミリ)
と選択できるのですが、
やや太めの12,5ミリぐらいが書きやすいのではないかと思っています。

作業服などの胸ポケットに入れて持ち運ぶなら、細いほうが使いやすいかもしれません。

  • 写真の樹種:桑(秋田産)
  • 軸径:12.5ミリ
  • 全長:135ミリ
  • 金具の色:ゴールド(10K)
  • 替芯:0.5ミリ

桑化粧箱入り
くまねこシャープ桑
くまねこシャープ桑
くまねこシャープ桑

マイアミシャープの特徴

マイアミシャープ3種

0.7ミリの替芯は癖になる

海外中心に販売されているシャープペンの場合は、0.7ミリより細い替芯は、まず見当たりません。

日本語のように画数の多い漢字を書くことがないからだと思います。

ただ、日本で販売するのにどうなんだろうと言うことなのですが、
「0.7ミリでも、いいんじゃないかな」それが正直な感想なのです。

3年ほど前から0.7ミリのシャープペンを使い始めて、マイアミタイプのシャーペンを使って約一年になりますが、芯が折れにくいのが気に入っています。

私の場合、2BやBを使うことが多く今までは、芯が折れやすいものと思っていたのですが、0.7ミリの替芯を使うようになってからは、ほとんど折れなくなりました。

確かに、コンビニなどでは0.7ミリの替芯を売っていないのでそういう点の不便さはありますが、私の場合は、アマゾンなどでまとめ買いしています。

使い始めは、多少の違和感はあるのですが、使い始めたら癖になるのが、0.7ミリ芯のシャープペンという気がするのです。

3年ほど前から使っている0.7ミリ替え芯のもの
マイアミシャープ・パロサント

マイアミシャープの部品構成

マイアミシャープは部品構成が少し特殊です。知ってしまえば問題ないのですが、説明書を書いていますので参照して下さい。

キャンプファイヤーでテスト販売

キャンプファイヤー販売サイト
8月1日から8月31日まで支援者募集