Thumbnail of post image 013

過去の作品

桑といえばお蚕さんです。桑は木材としては希少でほとんど市場に出回ることはありません。元々、葉や木の実を利用するものなので小さい枝が多く節はたくさんあります。ちなみに木の実もジャムなどにして食べるそうです。それに、この材特有のものかもし ...

Thumbnail of post image 048

過去の作品

今回はぐい飲みです。お湯呑みとぐい飲みはどう違うのでしょう?どう見てもお湯呑みに見えますよね。製作者がぐい飲みと言えばぐい飲みなのです。もちろんお湯呑みとしてお茶を飲んでも全然構いません。

材料は槐ですが、幅が狭すぎてお椀 ...

Thumbnail of post image 129

過去の作品

今回は槐シリーズの小鉢編です。お椀やお茶碗に比べて小鉢は大きさや形の自由度は大きいと思います。特に定型という物はなくて丸でも四角でも良いし深さや大きさも常識的な範囲であれば問題なく小鉢になると思います。それでも、料理を入れるものですか ...

Thumbnail of post image 137

過去の作品

異なった樹種を貼り合わせてみると楽しい食器ができます。ただし、歪んだり捻れたりしてくると貼り合わせたところから隙間ができたりします。写真は、朴木とヨーロピアンビーチ、もう一つは、ウォールナットとヨーロピアンビーチの組み合わせです。ビー ...

Thumbnail of post image 123

過去の作品

手頃な槐の材料が手に入ったので、槐の器を幾つか作ってみました。これは、少し大きめの汁椀と小ぶりのご飯茶碗です。槐の原木については以前に書いていますが、材質としては、硬い部類に入ります。刃物はよく研いでおかないと綺麗には仕上がりません。 ...